UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
言語情報科学 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52648

タイトル: 文学教材を用いた授業 : 大学の英語教育における事例研究
著者: 久世, 恭子
キーワード: 文学教材
大学英語授業
授業観察
教室研究
学習者の反応
発行日: 2011年3月1日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻
掲載誌情報: 言語情報科学. 9, 2011.3.1, pp. 63-79
抄録: The primary aim of the current paper is to explore the role of literary texts in university English classrooms in Japan. Reflecting the fact that most studies in this area have been theoretical and a growing interest in empirical studies which employ a close examination of learners'interactions and responses in a natural classroom setting, this qualitative study shows how literature or literary texts work in the context of EFL based on analysis of four case studies. The findings suggest that literary texts can incorporate a variety of classroom activities which generate an opportunity for active communication and interpretations. In addition, the study shows that learners evaluate highly those texts as motivating and meaningful materials, and it consequently indicates that literary texts can play a significant role in university EFL classrooms in Japan.
URI: http://hdl.handle.net/2261/52648
ISSN: 13478931
出現カテゴリ:言語情報科学
言語情報科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lis00905.pdf398.87 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください