UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
言語情報科学 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52649

タイトル: 日本の学習英文法史 : 「国産」文法項目を中心に
著者: 斎藤, 浩一
キーワード: 日本英学史・英語教育史
学習英文法
斎藤秀三郎
意味
発行日: 2011年3月1日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻
掲載誌情報: 言語情報科学. 9, 2011.3.1, pp. 81-97
抄録: We propose a study of EFL School Grammar in Japan by retracing its history. Examining various grammar books used from 1850s to the end of 1890s, this paper discovers that there are several grammatical concepts which are thought to have originated in Japan: Causative Verbs, Verbs of Perception, Complete/Partial Negation, Formal Subject/Object, Subjunctive Past Perfect, Sense-Subject and Participial Construction. By analyzing the historical process in which these new items were created and systematized, the paper unveils the grammarians'uniform and consistent orientation toward linguistic meaning. This finding enables us to see partly what the whole grammatical system is truly about.
URI: http://hdl.handle.net/2261/52649
ISSN: 13478931
出現カテゴリ:言語情報科学
言語情報科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lis00906.pdf464.86 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください