UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
言語情報科学 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52659

タイトル: 条件文と非条件文における「ハズ」の反事実的な意味の一考察 : 「スル+はずだった」を中心に
著者: 朴, 天弘
キーワード: ハズダッタ
反事実条件文
反事実的な意味
前件
後件
発行日: 2012年3月1日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻
掲載誌情報: 言語情報科学. 10, 2012.3.1, pp. 55-71
抄録: This paper aims to explain the meaning of counter-factual in sentences with 'HAZU'. Assuming that there are two kinds of 'HAZU'which expresses counter-factual meaning, one which is used in conditionals which have counter-factual meanings, and one which is used in non-conditionals with the form 'HAZUDATTA'(the past tense form of 'HAZU'). In general, the past form of 'HAZU'cannot directly express the counter-factual meaning without any supporting context. This paper proposes that the past form of 'HAZU'can express the counter-factual meaning without any contexts, if and only if the basic form of active verbs modify it and is not used with triggers like 'TASHIKA', which is an adverb used to remind a speaker's memory. It is because the past form of 'HAZU'means the past inference of the speaker and the basic form of an active verb means the irrealis-event yet to happen.
URI: http://hdl.handle.net/2261/52659
ISSN: 13478931
出現カテゴリ:言語情報科学
言語情報科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lis01004.pdf396.95 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください