UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
26 言語学研究室 >
東京大学言語学論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52720

タイトル: 言語意識の問題 : アイルランド英語の"Irishness"と"Bad Grammar"
その他のタイトル: "Irishness" and "Bad Grammar" in Hiberno-English Speakers'Awareness
著者: 嶋田, 珠巳
著者(別言語): Shimada, Tamami
キーワード: 言語意識
アイルランド英語
文法形式
主観評価
アンケート
socio-linguistic awareness
Hiberno-English
grammatical forms
subjective judgement
questionnaire
発行日: 2010年9月30日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
掲載誌情報: 東京大学言語学論集. 第30号, 2010.9.30, pp. 215-231
抄録: 言語形式に対する話者の意識について、アイルランド南西部で得たデータをもとに考察する。文法・語彙形式に対する意識調査における、おもに"Irishness"と"bad grammar"評価の相関の有無を検討しながら、アイルランド英語話者の「アイルランドらしさ意識」(awareness of "Irishness")と「スタンダード意識」(awareness of "Standard")の二つの意識に関して例証する。本稿では、集合的に文法形式にたいする意識をみた場合の傾向を示すことに加え、地域、年齢、および話者の志向性から調査データの個人差の検討も試みる。
This paper examines speakers'awareness towards linguistic forms based on a survey conducted in southwest Ireland. The data underpins the working assumption that speakers of southwest Hiberno-English are aware of what are regarded as standard patterns of speech and of the linguistic characteristics which may represent Irishness; the former is refereed to as 'awareness of "Standard"'and the latter is 'awareness of "Irishness"'. Particular focus of the discussion is laid on the subjective judgements of "Irishness" and "bad grammar" and their relationship. The paper concludes the general independency of the two indexes, while it considers discrepancies of the judgement among speakers in terms of the place of residence, age and their attitude or orientations.
内容記述: 論文 Articles
URI: http://hdl.handle.net/2261/52720
ISSN: 13458663
出現カテゴリ:東京大学言語学論集
東京大学言語学論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ggr030013.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください