UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
26 言語学研究室 >
東京大学言語学論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52722

タイトル: 回輝語の類別詞について
その他のタイトル: Classifiers in Tsat (Huihui)
著者: 田添, 暢彦
著者(別言語): Tazoe, Nobuhiko
キーワード: 回輝語
オーストロネシア語族
類別詞
Tsat
Austronesian
classifiers
発行日: 2010年9月30日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
掲載誌情報: 東京大学言語学論集. 第30号, 2010.9.30, pp. 247-254
抄録: 回輝語は中華人民共和国海南省三亜市鳳凰鎮回輝村および回新村におよそ6000人の話者を持つオーストロネシア系の言語である。本論では筆者が2002年から2010年に行った現地調査で得られた資料を元に回輝語の類別詞を論じた。回輝語の類別詞は数詞、名詞、指示詞の直後に現れうる。また主要部名詞との関係で言えば、類別詞は主要部名詞の前に現れる場合と、後に表れる場合がある。前者は数詞との共起が必須で、不定である。後者は数詞が現れない場合もあり、定を表す。
Tsat is an Austronesian language which is spoken in Huihui and Huixin villages in Sanya city, P.R.China by about 6000 people. This paper examines classifiers in Tsat on the basis of my field data collected from 2002 to 2010. In Tsat, classifiers can occur right after a numeral, noun, or demonstrative. In a noun phrase in Tsat, classifiers can occur either before or after a head noun. The former co-occurs with a numeral, and the reference is indefinite. The latter can occur without numeral, and the reference is definite.
内容記述: 論文 Articles
URI: http://hdl.handle.net/2261/52722
ISSN: 13458663
出現カテゴリ:東京大学言語学論集
東京大学言語学論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ggr030015.pdf271.59 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください