UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
26 言語学研究室 >
東京大学言語学論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52723

タイトル: 自動詞文と他動詞文の同義表現についての日中対照研究
その他のタイトル: When Intransitive Sentences and Their Transitive Counterparts (Apparently) Mean the Same Thing in Japanese and Chinese
著者: 許, 永新
著者(別言語): Xu, Yongxin
キョ, エイシン
キーワード: 自動詞
他動詞
非意図性
受影動作主
intransitive verbs
transitive verbs
involuntary
affected agent
発行日: 2010年9月30日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
掲載誌情報: 東京大学言語学論集. 第30号, 2010.9.30, pp. 255-277
抄録: 本稿では, コーパスの実例を挙げながら日本語と中国語における自動詞文と他動詞文の同義表現を分析する。これらの構文の動作主は受影動作主と特徴づけることができ, そして, 非意図的人間と自然の力という二つの場合に分けられることを示す。さらに, これらの非典型的動作主は, [-Volition], [±Action], [+Affected]という共通する意味特徴を持っていることを明らかにする。
This paper investigated some cases where intransitive sentences and their transitive counterparts in Japanese and Chinese are apparently synonymous, by examining corpus data. It is argued that the subjects of these transitive sentences can all be characterized as affected agents and that they can be divided into two subclasses: involuntary person and force. Furthermore, these nonprototypical agents are shown to have in common the semantic features [-Volition], [±Action], and [+Affected].
内容記述: 論文 Articles
URI: http://hdl.handle.net/2261/52723
ISSN: 13458663
出現カテゴリ:東京大学言語学論集
東京大学言語学論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ggr030016.pdf3.89 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください