UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
26 言語学研究室 >
東京大学言語学論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52724

タイトル: <蒙古字韻>喩母のパスパ母音字と訓民正音の中声
その他のタイトル: Vowel Letters in the Hunmin-Jeongeum and Phags-pa Scripts
著者: 鄭, 光
著者(別言語): Chung, Kwang
キーワード: 『蒙古字韻』
パスパ文字
訓民正音の中声字
ハングルの'ᇰ[ø]'表示
訓民正音の創制
ハングルとパスパ文字
パスパ文字の母音字
Menngu Ziyun
the Phags-pa script
Vowel letters of Hunmin-jong'um
Hangul's [ᇰ]
Invention of Hunmin-jong'um
Hangul and Phags-pa
Vowel letters of Phags-pa
発行日: 2011年9月30日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
掲載誌情報: 東京大学言語学論集. 第31号, 2011.9.30, pp. 1-20
抄録: 元の世祖フビライ・ハンの時代に制定されたパスパ文字は、170年あまり後に朝鮮で制定された訓民正音に多大な影響を及ぼした。パスパ文字では中国音韻学における伝統的な36字母の1つ1つに対応する33の記号を作り、子音を表記するための文字とした。この36字母の表は1308年に刊行された『蒙古字韻』に収録されており、我々はそれによってパスパ文字とその音価を知ることができる。この韻書は元代における漢字の中国語標準音をパスパ文字によって表したもので、元代の刊本を清代の乾隆年間(1736-1776年)に筆写した現存唯一の写本が大英図書館に所蔵されている。パスパ文字の母音字については、これまで学界において正確に把握されてこなかったが、本稿では『蒙古字韻』の36字母の末尾に付された"〓〓〓〓〓〓此七字歸喩母"という記録から、ここに見られる"〓〓〓〓〓〓"の6字に、喩母'〓(〓)'を加えた7字が母音字として作られたものではないかと推定した。この韻書の15韻によると、これらは'〓[i], 〓[u], 〓[iŭ, ü], 〓[o], 〓[eŭ, ö], 〓[ɛ]'及び喩母の'〓(〓)[a]'を表し、中世モンゴル語の前舌母音/i, ü, ö, ɛ/と後舌母音/u, o, a/を文字化したものと考えられる。中世モンゴル語では、/ü, ö, ɛ□/と/u, o, a/が母音調和において対立し、[i]は常に中立的である。朝鮮の訓民正音における11の中声字では、4つの再出字を除くと、単母音を表記する7つの文字が制定されている。これはパスパ文字の喩母字、つまり母音字をそのまま取り入れる形で、基本字3つ、初出字4つ、計7つの単母音を文宇化したものと考えられる。また、中世モンゴル語と同様に、訓民正音でも/・[ɔ], ᅩ[u], ᅡ[a]/と/ᅳ[ö], ᅮ[ü], ᅥ[ä]/は母音調和において互いに対立しており、/ᅵ[i]/は中立的である。中世モンゴル語と朝鮮時代の韓国語がこのように母音体系上の共通点を持つことは、やはり文字の影響と考えられ、その意味において訓民正音の中声字はパスパ文字の影響を受けて制定されたものと考えられる。この他にも、訓民正音の欲母[ᅌ]はパスパ文字の喩母[〓, 〓]のように独自の音価を持たず、その母音が成節性[+syllabic]を持つことを表示するものであるため、これもまたパスパ文字の影響によって制定されたものと考えられる。
The Phags-pa script that was devised by Khubilai Khan of the Yuan dynasty had a considerable influence some 170 years later on the making of the Korean script, Hunmin-jong'um. Each of the 36 consonant characters in the traditional Chinese phonology was given a separate shape in the Phags-pa script. A table of these 36 letters was recorded in Menggu Ziyun (蒙古字韻), a Mongolian rhyming dictionary, published in 1308, from which one can tell the phonetic values of the Phags-pa letters. This book, which transcribed standard Chinese of the Yuan period in the new Mongolian script, was hand-copied between 1736 and 1776, during the Qianlong era, in Qing Dynasty Chinese, and the British Library has the only extant copy in the world today. The vowel letters of the Phags-pa script, however, have not been accurately identified, but in this article, I argue that seven characters appended as "〓〓〓〓〓〓此七字歸喩母" to the Table of 36 Initials (三十六字母圖) represented vowels. They are, according to the Fifteen Rhyme Categories (十五韻), [i], [u]. [iu, ü], [o], [eo, ö], [ɛ], and [a], which were the letters for Middle Mongolian's four front vowels [i, ü, ö, ɛ] and three back vowels [u, o, a]. In Middle Mongolian, there was a vowel harmony of front /ü, ö, ɛ/ vs. back /u, o, a/, /i/ being the neutral vowel. There are eleven vowel letters In Hunmin-jong'um, but if one subtracts four digraph (diphthong) letters, there were seven letters for monophthong vowels. I claim that these seven letters are imitations of the Phags-pa vowel letters. As is well known, in Middle Korean also, there was a vowel harmony of back /・[ɔ], ᅩ[u], ᅡ[a]/ vs. front /ᅳ[ö], ᅮ[ü], ᅥ[ä], with /ᅵ[i]/ as the neutral vowel. These systematic parallels between Middle Mongolian and Middle Korean appear to be due to the influence from the Phags-pa script. In addition, [ᅌ, 欲母] of Hunmin-jong'um is a null symbol indicating its [+syllabic] nature just like the Phags-pa's Yumu [喩母, 〓], and thus the null character [ᅌ] too can be regarded as having originated from the graphic principles of the Phags-pa script.
内容記述: 論文 Articles
URI: http://hdl.handle.net/2261/52724
ISSN: 13458663
出現カテゴリ:東京大学言語学論集
東京大学言語学論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ggr031001.pdf7.33 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください