UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
26 言語学研究室 >
東京大学言語学論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52732

タイトル: Possessive Verbal Predicate Constructions in Indonesian
その他のタイトル: インドネシア語の所有動詞述語構文
著者: Moeljadi, David
著者(別言語): ムルヤディ, ダヴィド
キーワード: Indonesian
possession
cluster analysis
インドネシア語
所有
クラスター分析
発行日: 2011年9月30日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
掲載誌情報: 東京大学言語学論集. 第31号, 2011.9.30, pp. 117-133
抄録: This paper deals with verbal predicate constructions used to express 'possession'in Indonesian (both 'formal Indonesian'and 'Colloquial Jakartan Indonesian'). In Moeljadi (2010), I stated that there are eight possessive verbal predicate constructions in Indonesian, i.e. X memiliki Y, X mempunyai Y, X punya Y, X ada Y, X ada Y=nya, X ber-Y, X ber-Y-kan Z, and X Y-an (X represents 'possessor', Y represents 'possessee'or 'possessum', and Z represents a complement.). The analysis of how Indonesian encodes one 'possession'concept to more than one constructions shown above has mainly been based on intuition as a native speaker of Indonesian. The conclusion is that the 'register'and the '(in)alienability'notion play important roles in the encoding process. I previously analyzed this based on intuition in Moeljadi (2010), but this time I conducted interviews in 2010 and 2011 in order to make an objective analysis. The data I got from those interviews were then analyzed using cluster analysis. I conclude that (i) only five constructions, i.e. X memiliki Y, X mempunyai Y, X punya Y, X ada Y, X ber-Y, can be regarded as encoding the meaning of 'possession', (ii) one construction, i.e. X ber-Y, has a special characteristic and takes a different kind of possessee, and (iii) whether the possessor is singular, plural, the first, second, or third personal pronoun, the acceptability of the constructions does not change.
インドネシア語の所有動詞述語構文について、その使い分けの条件や法則性、傾向(形態論、統語論、意味論の側面)を考察する。Moeljadi(2010)では、インドネシア語に8つの所有動詞述語構文(X memiliki Y, X mempunyai Y, X punya Y, X ada Y, X ada Y=nya, X ber-Y, X ber-Y-kan Z, and X Y-an)があると述べ、母語話者としての内省で分析し、レジスターと'(in)alienability'が所有を表わす動詞述語の使い分けに重要な役割を担っていると主張した。主に内省で分析したMoeljadi(2010)に対して、筆者は2010年及び2011年に調査を行い、より客観的に分析を試みた。その調査から得られたデータはクラスター分析で分析した。結論としては、(1)5つの構文(X memiliki Y, X mempunyai Y, X punya Y, X ada Y, X ber-Y)だけが所有構文として見做され、(2)X ber-Yは他の4つの構文に比べて、違う特性を持っており、違う所有物をとる。最後に、(3)所有者の人称による構文の違いが現れない。
内容記述: 論文 Articles
URI: http://hdl.handle.net/2261/52732
ISSN: 13458663
出現カテゴリ:東京大学言語学論集
東京大学言語学論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ggr031009.pdf11.3 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください