UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
26 言語学研究室 >
東京大学言語学論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52734

タイトル: 参照点構造による数量詞の多義性の説明
その他のタイトル: Account for Quantifier Scope by Reference-point Constructions
著者: 中栄, 欽一
著者(別言語): Nakae, Kinichi
キーワード: 作用域
参照点構造
際立ち
コンテキスト等
節の中のトピック
限定
不定
scope
reference-point constructions
prominence
context etc.
clause-internal topic
specific
non-specific
発行日: 2011年9月30日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
掲載誌情報: 東京大学言語学論集. 第31号, 2011.9.30, pp. 165-186
抄録: Someone loves everyone.のように複数の数量詞を含む文は多義性が生じる。この多義性は作用域の作用によるもので生成文法では一般にquantifier raising(QR)およびc統御により説明される。構造上、相手の数量詞をc統御する位置にある数量詞は広い作用域を取ることができるから、数量詞を含む名詞句をLF(論理形式)において非顕在的に移動させることにより作用域に優劣を生じさせ、多義性を説明するものである。someoneがeveryoneをc統御する位置へ移動すればsomeone > everyoneの解釈になり、逆であればeveryone > someoneの解釈が得られる。この多義性は参照点構造を使って説明することができる。someoneが参照点となって命題(ターゲット)を解釈すれば前者の解釈が得られ、everyoneが参照点となると後者の解釈が得られる。数量詞の多義性をこの参照点構造で説明するためには、参照点を決定する際立ちとは何か、またどのように参照点が決定されるかが問題となる。これらの点に関し、2章および3章でスコープのヒエラルキーに基づいて多義性の判定方法を論じた久野・高見(Kuno, Susumu and Takami, Ken-ichi 2002 Quantifier Scope)のエキスパート・システムをべースに検討し、この検討結果に基づき4章で参照点構造による数量詞の多義性解釈のメカニズムを提案する。またvan Hoek(1995, 1997, 2007)は代名飼の照応関係を参照点構造により説明しているが、この場合の参照点となるための条件は数量詞の多義性の場合と比べ異なる点がある。5章でこの違いを比較検討してその理由を明らかにする。
A sentence containing multiple quantified expressions such as "Someone loves everyone" is ambiguous between the someone > everyone interpretation and the everyone > someone interpretation. In the framework of generative grammar, the phenomenon of quantifier scope is accounted for by quantifier raising (QR) and c-command. This phenomenon can be explained by means of reference-point constructions introduced by Langacker (1991, 1993). When someone is chosen as a reference point, the someone > everyone interpretation obtains. Conversely, when everyone is chosen, the everyone > someone interpretation obtains. As it is by virtue of salience that an entity is chosen as a reference point, it is necessary to clarify the characteristics of cognitive salience and how a reference point is determined. For this purpose, Chapters 2 and 3 examine Kuno and Takami (2002) which accounts for quantifier scope using a Quantifier Scope Expert System. In Chapter 4, I propose a reference-point construction analysis of quantifier scope. Karen van Hoek (1995, 1997, 2007) analyzes the constraints on pronominal anaphora in English in terms of reference-point constructions, but the conditions to be a reference point in the case of anaphora somewhat differ from the one of quantifier scope. In Chapter 5, I attempt to explain the reason of this.
内容記述: 論文 Articles
URI: http://hdl.handle.net/2261/52734
ISSN: 13458663
出現カテゴリ:東京大学言語学論集
東京大学言語学論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ggr031011.pdf1.64 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください