UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/52884

タイトル: 研究解説 : 位相共役を用いたソリトン伝送
その他のタイトル: Phase-Conjugated Optical Soliton Transmission
著者: 吉岡, 秀樹
藤井, 陽一
著者(別言語): Yoshioka, Hideki
Fujii, Yoichi
発行日: 1996年8月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 48(8), 1996.8, pp. 385-390
抄録: 光ソリトン通信において, 短パルス化によって不要な非線形効果が顕著に現れ, 伝送波形劣化につながる. また集中定数型光増幅器による多段中継伝送システムでは中継間隔が短くなり, また増幅時に発生する雑音成分が符号誤り率の劣化の原因となる. 本論文では, 位相共役器を用いたソリトン伝送を提案し, まず増幅間隔の拡大について検討する. 次に非線形効果と雑音成分による伝送劣化の抑圧について検討する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/52884
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk048008002.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください