UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53043

タイトル: 特集10 : 研究解説 : 乱流モデルを用いたプラズマ回転効果の研究
その他のタイトル: Analysis of Effects of Plasma Rotation Using a Turbulent Dynamo Model
著者: 横井, 喜充
著者(別言語): Yokoi, Nobumitsu
発行日: 1997年1月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 49(1), 1997.1, pp. 54-61
抄録: プラズマの回転によって乱流が抑えられる現象を乱流ダイナモ・モデルの観点から調べる. プラズマの回転効果を捉えるために, 乱れの強さを表す乱流MHDエネルギーとその散逸率に加えて, 乱流場の速度/磁場相関である乱流クロス・ヘリシティを考慮に入れたモデル(K-ε-Wモデル)が構成される. そのモデルを簡単な円筒形状プラズマに適用する. プラズマのポロイダル回転がポロイダル磁場の配位と結びつくことによつて乱流クロス・ヘリシテイが供給される. その量は回転の強さΩに比例する. 生成されたクロス・ヘリシティの効果で乱流エネルギーが抑えられること, その抑制率がΩ2に比例することが確かめられる. トロイダル回転など一般の回転についても考察される.
内容記述: 特集 乱流の数値シミュレーション(NST)その13
URI: http://hdl.handle.net/2261/53043
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk049001011.pdf1.13 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください