UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
言語情報科学 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53083

タイトル: サッカーとテレビの「詩学」 : ボールの行方/Replayをめぐる考察
著者: 山崎, 隆広
キーワード: テレビ記号
技術
詩学
物語
悲劇
記憶
模倣(ミメーシス)
発行日: 2008年3月1日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻
掲載誌情報: 言語情報科学. 6, 2008.3.1, pp. 311-326
抄録: How do the advanced technologies of television represent sports? How do firstclass athletes, with their advanced techniques, behave when they encounter the evolution of technologies? The main focus of this paper will be the 2006 FIFA World Cup Final : the last game for France's Zinedine Zidane. It is in this media text that we can discover some suggestive media-technological phenomena such as narratives, events, time and memory. The resulting analysis found that both football players and television seemingly represented similar desires, that is, the poetic desires for mimesis.
URI: http://hdl.handle.net/2261/53083
ISSN: 13478931
出現カテゴリ:言語情報科学
言語情報科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lis00619.pdf1.87 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください