UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53096

タイトル: 特集4 : 研究解説 : 生体の凍結保存プロセスに関する研究
その他のタイトル: Study on Designing a Process of Cryopreserving Bio-material
著者: 白樫, 了
棚澤, 一郎
著者(別言語): Shirakashi, Ryo
Tanasawa, Ichiro
発行日: 1997年3月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 49(3), 1997.3, pp. 146-153
抄録: 本稿は生体の凍結保存プロセスの設計法について, 熱物質輸送の立場から考察した研究の紹介である. 凍結保存プロセスは凍結過程と, それに先立つ前処理過程に分けられる. 前処理過程においては, 凍結によってもたらされる損傷を避けるため, 凍害防御剤水溶液に生体を浸漬させるが, 生体中の細胞が高い浸透圧に曝されるのを避けるため, 凍害防御剤水溶液の濃度は細胞の最小体積分率と体積緩和時間により決められたプロセスで徐々に高められて目的濃度に到る必要がある. 一方, 凍結過程では冷却速度と凍害防御剤水溶液の濃度を, 凍結に伴う力学的損傷と高浸透圧による細胞の過濃縮を避ける様に決定する必要がある.
内容記述: 小特集 バイオテクノロジー
URI: http://hdl.handle.net/2261/53096
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk049003004.pdf1.68 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください