UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53112

タイトル: <個人論文>イギリスにおける大学補助金諮問委員会の大学ガバナンスに関する勧告の分析(1889~1901年)
その他のタイトル: <Individual Papers>Analysis on Advice of Ad Hoc University Grants Committees on University Governance in the United Kingdom (1889-1901)
著者: 山崎, 智子
著者(別言語): Yamazaki, Tomoko
発行日: 2012年10月
出版者: 東京大学大学院教育学研究科学校開発政策コース
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢. 32号, 2012.10, pp. 55-66
抄録: This article attempts to examine the intention of the British central government on university governance in the prehistory of the UGC. Whereas Vernon (2001) suggests that the state had had the strong influence on universities and university colleges since 1889, he does not consider the contents of the state influence. In this paper, through the analysis of the reports of ad hoc university grants committees in 1889-1901, the significance of advice on university governance in the formation of the higher education system in the United Kingdom will be shown. It can be said that there are the following intentions of the committees on university governance. Firstly, the committees intended to standardise numbers and emoluments of staffs by ear-marked grants. Secondly, they expected to "purchase" universities from local governments in order that the central government obtained power on the universities.
URI: http://hdl.handle.net/2261/53112
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢
東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
eac032006.pdf1.44 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください