UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53131

タイトル: 退官記念講演 : 近未来のエネルギー・環境問題における熱工学の役割
その他のタイトル: What Can Thermal Engineering Do in Solving Energy-Environmental Dilemma in Near Future?
著者: 棚澤, 一郎
著者(別言語): Tanasawa, Ichiro
発行日: 1997年5月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 49(5), 1997.5, pp. 249-255
抄録: 現在, 日本のエネルギー需給は一見安定した状態にあるが, それは見せかけだけのものに過ぎない. 数十年後と予測される石油・天然ガス・ウランなどの一次エネルギー資源の枯渇, 世界の人口の急増, 低開発国の経済成長などのためにエネルギー供給は逼迫する. 一方現在の一次エネルギー源に代わるものはまだ目途がついていない. これから二, 三十年を考えて, 我々が取りうる選択肢の一つはエネルギーの有効利用(省エネルギー)であり, それには熱工学・熱技術が重要な役割を演ずることになる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/53131
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk049005001.pdf1.25 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください