UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
35 環境学研究系 人間環境学専攻 >
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53243

タイトル: 日中アニメーション合作のための表現技法に関する実証的研究(要旨)
著者: 光吉, 孝浩
著者(別言語): ミツヨシ, タカヒロ
キーワード: アニメーション
中国
Animation
Broadcasting and film industry
Cultural Ecology
Cut
China
発行日: 2012年9月27日
抄録: Chinese animation industry is growing up enormously. Chinese amount of production in 2008 had overcome Japan. And then, Chinese animation industry had become the second most productive all over the world. Originally Japanese animation industry had developed special techniques for the mass production of TV programs in order to reduce costs. For example, Japanese TV animations were mainly made from comics which are called "MANGA". Using MANGA's fixed cut, they had success to make moving animation. The Chinese animation market has become big and so the Japanese animation industry will need to look for trans-border animation techniques. This paper explores that there are some possibilities for the cooperation of animation between two countries: Japan and China.
内容記述: 報告番号: ; 学位授与年月日: 2012-09-27 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(環境学) ; 学位記番号: 修創域第4525号 ; 研究科・専攻: 新領域創成科学研究科環境学研究系人間環境学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/53243
出現カテゴリ:025 修士論文
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
K-03617-a.pdf要旨(summary)1.39 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください