UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
言語情報科学 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53274

タイトル: 過剰代償行為としての『細雪』の言葉
著者: 野網, 摩利子
キーワード: 過剰な語り
欲望

眼差し
主体
欠陥
発行日: 2006年3月1日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻
掲載誌情報: 言語情報科学. 4, 2006.3.1, pp. 271-281
抄録: 『細雪』がなぜ過剰性にみちた語り口で語られるのかについて、テクストの動的な構造を分析して、解明する。小説の言葉がみずからの意味にそそのかされ、あたらしく言葉を生誕させる、こういった形式と内容とが相互に誘惑しあう複雑な連関は、なかなか論理的に言えないものだが、それが小説の実態に違いない。本稿は、饒舌な語りのしくみと理由とを明らかにしながら、このような連関作用およびその効果を探る。『細雪』の登場人物の場合、名前を持つ人間だからというだけでは主体といえない。欲望と結託した知が、登場人物のさまつな欠陥を、たえず、説明、解釈、解決しようとして言葉を差し込み、事を大げさにしていくといった連関があってはじめて、欲望を受けて立つ主体や、欲望を追い回す主体ができる。言葉が注がれつづけなければ、この欲望駆り立てシステムは作動せず、欲望の関係式をとっていっきに存在してくる諸主体もまたない。はじめ虚像でしかない主体が、他者の欲望を刺激したり、また、刺激されたりすることで実像になる。その主体成立過程につきしたがうと同時に、刺激の資源ともなっているのが、『細雪』の語りである。それは、欲望を駆動し、体現し、代償する。ゆえに、過剰に行われなければならない。こういった、形式と内容とが入り組みあう小説の力の現実を考察する。
URI: http://hdl.handle.net/2261/53274
ISSN: 13478931
出現カテゴリ:言語情報科学
言語情報科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lis00417.pdf871.42 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください