UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53286

タイトル: 特集10 : 研究解説 : 乱流境界層を対象としたLESのための流入変動風の生成法に関する研究 : 風洞実験に基づく平板乱流境界層のモデル化と生成
その他のタイトル: Study on Generation Method of Inflow Turbulence for LES Computation of Turbulent Boundary Layer
著者: 近藤, 宏二
持田, 灯
村上, 周三
土谷, 学
著者(別言語): Kondo, Koji
Mochida, Akashi
Murakami, Shuzo
Tsuchiya, Manabu
発行日: 1998年1月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 50(1), 1998.1, pp. 41-48
抄録: 筆者らは, LES計算の流入境界条件に与える風速変動(流入変動風)を周波数領域のパワースペクトル, クロススペクトルを満足するように生成する方法を検討してきた. 本研究では, 乱流境界層を対象としたLES計算のための流入変動風を生成するために, 風洞床面上で発達した平板乱流境界層の特性を風洞実験で調査し, そのモデル化を行った. 実験で得られたパワースペクトル, クロススペクトル(ルートコヒーレンス, フェイズ)には, 風洞床面の影響が見られたので, その影響を再現するためにモデル式中のパラメータに床面からの距離の関数を導入した. モデル式から算定したクロススペクトルマトリクスをターゲットとして, モンテカルロ法に基づく逐次計算法に用いて流入変動風を生成した結果, ほぼ目標値を満足する流入変動風を生成することができた.
内容記述: 特集 乱流の数値シミュレーション(NST)その14
URI: http://hdl.handle.net/2261/53286
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk050001011.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください