UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53320

タイトル: 古文書に記録された1811年の伊豆天城山の森林状況
その他のタイトル: The status of forest in the Amagi Mountains in 1811 recorded in a historical document
著者: 井出, 雄二
黄, バーナード永龍
指村, 奈穂子
著者(別言語): Ide, Yuji
Wong, Bernard Yun-Loon
Sashimura, Naoko
キーワード: 江戸時代
人為
炭焼き
天然林
更新
Edo ear
artificial effect
charcoal burning
natural forest
regeneration
発行日: 2013年2月25日
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百二十八号, 2013年2月, pp. 87-120
抄録: 江戸時代中期以降伊豆韮山代官であった江川家に伝わる文書の内, 「天城山御林改木数字限仕訳帳」を読み解き, 1811年における天城山の森林の状態を考察した。仕訳帳の調査範囲は暖温帯から冷温帯までの広い範囲を含んでいた。また, 仕訳帳には調査面積に関する記述はなかったが, 仕訳帳の地名と現在の地名との対応から, その範囲は少なく見積もった場合でも500ha程度であることを示した。樹種構成は, 今日の天城山の天然林とほとんど変わらなかったが, 立木密度は100本/ha以下で今日の天然林の平均500本/haと比べると大変疎であり, 大径木が優占した林相であったと推定された。これは, 目通り直径14.5cm以下の雑木を継続的に炭焼きに供したため, より上の径級へ進界できる雑木が存在しなかったことに起因すると考察した。疎な林床ではモミ稚樹の更新が卓越し, さらに別木としての保護が加わり, モミ林の形成がうながされた。また, 同様なことがブナでも起こった可能性がある。このような人為によって誘導された森林状態が, 今日残存する天城山の天然林の成立に深くかかわっていたものと考えられた。
We analyzed a historical document from the Egawa family archive: a census of the Amagi shogunal forest dated 1811. The census covered a wide range of vegetation types, from warm temperate to cool temperate zones. There was no information on the area covered by the census, but we estimated that it covered at least 500 ha based on place names recorded in the document that were identified on a current map. The species composition in 1811 was very similar to that of the present natural forest in the Amagi Mountains. However, the estimated stand density was relatively thin (ca. 100/ha) in 1811, in comparison with that at present (ca. 500/ha). This was thought to result from the continuous use of smaller (<14.5 cm in diameter) trees for charcoal burning at that time. The regeneration of Abies firma was dominant, given such a sparse forest floor, and it dominated the canopy as an effect of the shogunate regulations. It is thought that Fagus crenata also regenerated under these conditions. Such human-induced forest conditions may have strongly influenced the establishment of the present natural forest.
URI: http://hdl.handle.net/2261/53320
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh128003.pdf6.76 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください