UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53348

タイトル: 研究解説 : 高速圧力スイング吸着に関する研究の現状と課題
その他のタイトル: The Current Status and Related Issues of Studies on Rapid Pressure Swing Adsorption
著者: 鈴木, 貴紀
迫田, 章義
鈴木, 基之
著者(別言語): Suzuki, Takanori
Sakoda, Akiyoshi
Suzuki, Motoyuki
発行日: 1998年6月
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 50(6), 1998.6, pp. 213-220
抄録: 気体分離の分野において, 大容量のPSA装置の開発が望まれている. しかし, 従来からのPSA装置による大容量処理は困難であり, 吸脱着サイクルの高速化のみが, 飛躍的な処理容量の向上が可能である. 本報では, 高速PSAに関する既往の研究と現状を整理するとともに, 今後の課題について考察した. その結果, サイクル速度の高速化はPSAの小規模・大容量化に極めて有効であること, そして高速PSAの分離特性は, 吸着塔の大きな圧力損失により支配されており, 吸着塔内のバルクガスの流れと吸着剤の最適化が必要であることが明らかとされた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/53348
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk050006001.pdf1.28 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください