UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
38 ドイツ語ドイツ文学 >
1143810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53453

タイトル: FRANZ FÜHMANNS TRAKL-REZEPTION : Zur Entstehung und Entwicklung des Essays Vor Feuerschlünden. Erfahrung mit Georg Trakls Gedicht (1982)
著者: Hina, Atsuhiro
著者(別言語): 日名, 淳裕
キーワード: Franz Fühmann
Georg Trakl
Vor Feuerschlünden / Der Sturz des Engels
Der zweite Weltkrieg
Auschwitz
Deutsche demokratische Republik (DDR)
Expressionismusdebatte
Sozialistischer Realismus
フランツ・フューマン
ゲオルク・トラークル
『炎の深淵を前にして』/『天使の墜落』
第二次世界大戦
アウシュヴィッツ
ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)
表現主義論争
社会主義リアリズム
発行日: 2013年1月
出版者: 東京大学大学院ドイツ語ドイツ文学研究会
掲載誌情報: 『詩・言語』. 第77号, 2013年1月, pp. 41-49
抄録: 本稿はウィーン大学ドイツ学研究科で2012年6月22日におこなわれたドクター・コロキウムの発表原稿に加筆したものである。今回は1970年代にオーストリアの詩人ゲオルク・トラークルの旧東ドイツにおける再評価に尽力した作家フランツ・フューマンのエッセイ『炎の深淵を前にして』(西側タイトル『天使の墜落』)をあつかった。1982年に出版されたこのエッセイは1975年に東ドイツではじめて出版されたトラークル詩集の1981年改討版のあとがきをもとにしている。そこからフューマンによる当詩集の編集方針の変遷をこまかく分析し、エッセイ読解のための手がかりとした。またDDRの作家フューマンによる詩集の編集とエッセイが、ヴァルター・キリーらによるいわゆる批判版が出版された1969年以降のトラークル受容史における間隙をうめる、あたらしく重要な契機となっていることを具体的に示した。(本文ドイツ語)
URI: http://hdl.handle.net/2261/53453
ISSN: 09120041
出現カテゴリ:019 文学
1143810 学術雑誌論文

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Si_gengo_77_3.pdf336.16 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください