UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
26 言語学研究室 >
東京大学言語学論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53466

タイトル: Developments of nasals in early Indo-Aryan : anunāsika and anusvāra
その他のタイトル: 初期インド・アーリア語における鼻音の発達 : アヌナーシカとアヌスヴァーラ
著者: Cardona, George
著者(別言語): カルドナ, ジョージ
キーワード: Indo-Aryan
phonology and phonetics
nasals
metrics
timing and transitions
インド・アーリア語
音韻と音声
鼻音
韻律
タイミングと遷移
発行日: 2013年1月31日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
掲載誌情報: 東京大学言語学論集. 第33号, 2013.1.31, pp. 3-81
抄録: The development of nasals in early Indo-Aryan has been the object of dispute. A major point of contention has been whether the distinction which Pāṇini and authors of prātiśākhyas and śikṣās make between the entities referred to by anunāsika and anusvāra has to do with a difference in the language or is a difference regarding merely how various scholars viewed the same matter. Whitney maintained the second view. He was criticized by later scholars but his position has not been refuted definitively. In this paper, I establish that the distinction in question definitely reflects a difference in language, between nasalized vowels and nasal stops, referred to by anunāsika, and a postvocalic nasal segment, referred to by anusvāra, which had different dialectal realizations. I consider also related questions concerning differences in timing, transitions and consonant doubling. The paper is organized as follows: 1. Introduction. 2. Examples of statements in Pāṇini's Aṣṭādhyāyī and in prātiśākhya texts illustrating both differences of opinion with respect to the analysis of a single entity and differences of real usage. 3. Phonological rules from the Aṣṭādhyāyī and prātiśākhyas concerning word-final -m and related rules concerning -n. 4-6. These rules cannot be interpreted under Whitney's thesis. Nor is the evidence alleged by Whitney from the Devanāgarī script acceptable. Conclusion: The phonological rules in question concern real dialectal differences, which are reflected in various traditions of recitation. 7. Phonological and phonetic properties of anusvāra; metrical evidence. 8. Historical developments of -m involve differences in timing and transition. 9. Parallels for such differences, involving consonantal doubling and transitions between tonal segments. 10. Summary.
初期インド・アーリア語の鼻音の発達についてはさまざまな議論がなされてきた。その主たる争点は、文法家パーニニやプラーティシャーキャ文献、シクシャー文献の著者がアヌナーシカとアヌスヴァーラと呼ばれる音を区別していることが、実際の言語における区別を反映しているか、あるいは同じものの違った見方にすぎないかという点であった。Whitneyは後者の見解を示し、彼の見方はのちに批判されたものの、まだ決定的に論駁されていない。本論で筆者は、問題の区別は実際の言語における、鼻母音または非継続鼻音であるアヌナーシカと、母音に後続する鼻音分節音であるアヌスヴァーラの区別を明確に反映するものであることを論証する。また、それに関連したタイミング、遷移、子音重複の問題もあわせて考察する。本論文の構成は以下の通りである: 1.はじめに 2.パーニニの『アシュターディヤーイー』やプラーティシャーキャ文献における、見解の違いと実際の用法の違いを示す記述の例 3.語末の-mに関する『アシュターディヤーイー』とプラーティシャーキャ文献の規則、および関連する-nに関する規則 4-6.これらの規則がWhitneyの説では解釈できず、Whitneyが主張するデーヴァナーガリー文字からの証拠も受け入れられない 7.アヌスヴァーラの音韻・音声的性質 : 韻律からの証拠 8,タイミングと遷移に関する違いと-mの史的発展のかかわり 9.子音重複や音調の遷移にかかわる、そうした違いの類例 10.まとめ
内容記述: 熊本裕先生退職記念号 Festschrift for Professor Hiroshi KUMAMOTO
Articles
URI: http://hdl.handle.net/2261/53466
ISBN: 9784990632212
ISSN: 13458663
出現カテゴリ:東京大学言語学論集
東京大学言語学論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ggr033003.pdf5.45 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください