UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
26 言語学研究室 >
東京大学言語学論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53474

タイトル: On the Phonological Mystery in Latin suspīciō : A Trick of suspectus?
その他のタイトル: ラテン語suspīciōにおける音韻上の謎 : suspectusによる企みか
著者: Nishimura, Kanehiro
著者(別言語): 西村, 周浩
キーワード: Lengthened grade
compounds
Lachmann's Law
nasal infix
延長階梯
複合語
Lachmannの法則
鼻音折中辞
発行日: 2013年1月31日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
掲載誌情報: 東京大学言語学論集. 第33号, 2013.1.31, pp. 187-203
抄録: The goal of this paper is to lay out a historical scenario as to how the Latin compound suspīciō 'suspicion'came to have a long vowel -ī- in the root. A PIE lengthened grade cannot be responsible for this. In view of other compounds which show the same type of phenomenon, the verbal root that is used as a main part of these examples involves Lachmann's Law to obtain vowel length in the past participles in Latin. This must be is the origin of long vowels in such compounds. Further, in some cases, the nasal infix in the present stem is in tandem with vowel length in compounds. All these factors indirectly contributed to the long vowel of suspīciō following a morpho-semantic modulation in the related form suspectus 'viewed with mistrust'.
本論の目標は、ラテン語の複合語suspīciō「疑い」がどのようにして語根部分に長母音-ī-をもつにいたったか、その歴史的なプロセスを明らかにすることである。印欧祖語の延長階梯に出発点を求めることはできない。同様の現象を示すほかの複合語を観察すると、主要部として用いられている動詞語根は、過去分詞を形成する際、ラテン語においてはLachmannの法則により母音が延長される。これが複合語に見られる長母音の起源と考えられる。さらに、長母音の出現は、現在語幹において鼻音折中辞を伴う語根である場合がある。こうしたことが間接的要因として、suspīciōに関連する語であるsuspectus「疑わしい」の形態・意味における再解釈と相俟って、suspīciōに長母音をもたらしたと考えられる。
内容記述: 熊本裕先生退職記念号 Festschrift for Professor Hiroshi KUMAMOTO
Articles
URI: http://hdl.handle.net/2261/53474
ISBN: 9784990632212
ISSN: 13458663
出現カテゴリ:東京大学言語学論集
東京大学言語学論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ggr033011.pdf1.24 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください