UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
30 地域文化研究専攻 >
Odysseus : 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/53574

タイトル: Михайло Павлик: до проблеми некрологу на смерть Маркса
その他のタイトル: Mykhailo Pavlyk’s Necrology to Karl Marx : Voice from a ‘Non Historical Nation’
著者: Накай, Казуо
著者(別言語): Nakai, Kazuo
発行日: 2013年3月5日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻
掲載誌情報: Odysseus. 17, 2013.3, pp. 1-7
抄録: Mykhailo Pavlyk (1853?1915) wrote a necrology to Karl Marx in the Polish newspaper Pratsa, No. 6, April 1883. As an Ukrainian socialist in Galicia, he criticised the notion of << Historical Poland >> which claimed all Polish parties at that time and was supported by Marx. The acceptance of the notion of << Historical Poland >> meant for << Non Historical Nations >> like Ukrainians, Belarus’ians and Lithuanians that they should be either Polonized or Russifi ed by those << Historical Nations >>.
内容記述: 本文はウクライナ語で記述。
URI: http://hdl.handle.net/2261/53574
ISSN: 13450557
出現カテゴリ:Odysseus : 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要
Odysseus : 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ODY[001-007].pdf521.2 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください