UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/538

タイトル: H. ワロンの初期発達理論 : <姿勢機能(システム)>概念を中心に
その他のタイトル: H. Wallon's Theory of the early Development of the Child : Focusing on the Concept of the Function of Posture
著者: 亀谷, 和史
著者(別言語): Kametani, Kazufumi
発行日: 1988年2月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 27巻, 1988.2, p.183-193
抄録: H. Wallon emphasized that a child is from the beginning a biosocial organism. He put great emphasis on the child's relationship to others through the agence of the emotion. In this paper we intend to clarify the concept of the function of posture and its relation to emotion. According to Wallon, the function of posture is essential in the early development of the child. It is related not only to physical development but also to mental development in early infancy. It is also related to both affective and cognitive functions. Posture (or Attitude) is the most important function in the development of personality.
URI: http://hdl.handle.net/2261/538
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126185.pdf1.19 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください