UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/540

タイトル: 明治期における国民国家形成と国語国字論の相剋 : 国語学者上田万年の歴史的位相
その他のタイトル: The Nation-State-Building and National Language Discussions in the Meiji Era : Historical significance of Kazutoshi Ueda
著者: 中村, 哲也
著者(別言語): Nakamura, Tetsuya
発行日: 1988年2月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 27巻, 1988.2, p.207-216
抄録: The subject of this paper is the relation between the nation-state-building and the language policy in Japan during the Meiji era focusing on Kazutoshi Ueda, a linguist who initiated the linguistic study of the Japanese in the 1890's, several arguments on the Japanese as the national language-spoken and written-and social movements surrounding it are analyzed with emphasis on the historical background of this issue. I will argue that Ueda's initiative as the professor of the Imperial University, brought the absorption of preceding movements to the academia and the formation of the national language policy backed by the state power.
URI: http://hdl.handle.net/2261/540
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126187.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください