UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/542

タイトル: 社会化の社会学 : 個人と社会の接合形式
その他のタイトル: Sociology of Socialization
著者: 加藤, 隆雄
著者(別言語): Kato, Takao
発行日: 1988年2月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 27巻, 1988.2, p.229-237
抄録: Socialization is the basic sociological problem in which the relationship between individuals and society is critical. Types of relationship are as follows; (a) articulationary homological relationship : (b) developmentaly cumurative relationship. In this paper, I have cited that articulations are gone ahead of by practices. Practice is a form of social interaction, and not logically based. So language acquisition and role taking become possible because infants practice instead of internalization. In this way, social order is being re-formed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/542
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126189.pdf936.64 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください