UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/547

タイトル: 適応形質問紙による乳幼児の言語理解力測定の試み
その他のタイトル: Measurement of Language Comprehension by an Adaptive Questionnaire
著者: 平, 直樹
武井, 澄江
荻野, 美佐子
著者(別言語): Taira, Naoki
Takei, Sumie
Ogino, Misako
発行日: 1988年2月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 27巻, 1988.2, p.279-292
抄録: The purpose of this study is to measure the development of language comprehension of infants, and to construct a multi-stratified adaptive questionnaire by refining the scale presented by Takei and Ogino. The scale presented by Takei and Ogino has so many items that it is laborious to answer all the questions. By employing the adaptive testing method, it was expected to keep the reliability of the questionnaire with considerably fewer items for each mother to answer. Based on this expectation, we made a questionnaire with 6 strata, and administered it to over the 160 mothers who have infants between 3 and 24 months old. The result shows that the reliability of the questionnaire can be kept high with about 1/3 items compared with the original one.
URI: http://hdl.handle.net/2261/547
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126194.pdf1.16 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください