UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
20 超域文化科学専攻 >
比較文学・文化論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/54868

タイトル: 「民衆」を描く観察と感情の芸術家 : 明治末期・大正期日本におけるイリヤ・レーピン《ヴォルガの船曳き》への反響
その他のタイトル: The Artist with Emotion and an Observing Eye for the People : The Japanese Reactions to Ilya Repin's Barge Haulers on the Volga at the Beginning of the Twentieth Century
著者: 松枝, 佳奈
著者(別言語): Matsueda, Kana
発行日: 2013年3月31日
出版者: 東京大学比較文学・文化研究会
掲載誌情報: 比較文学・文化論集. 30号, 2013.3.31, pp. 16-26
URI: http://hdl.handle.net/2261/54868
ISSN: 0911341X
出現カテゴリ:比較文学・文化論集
比較文学・文化論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CLC_30_002.pdf418.26 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください