UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
20 超域文化科学専攻 >
比較文学・文化論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/54871

タイトル: 前進する言説 : エミール・ゾラ初期美術批評の位置づけと構造解明への試論
その他のタイトル: The Discourse on the march : Position and Structure of the Early Art Criticism of Émile Zola
著者: 實谷, 総一郎
著者(別言語): Jittani, Soichiro
発行日: 2013年3月31日
出版者: 東京大学比較文学・文化研究会
掲載誌情報: 比較文学・文化論集. 30号, 2013.3.31, pp. 22-42
URI: http://hdl.handle.net/2261/54871
ISSN: 0911341X
出現カテゴリ:比較文学・文化論集
比較文学・文化論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CLC_30_010.pdf556.24 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください