UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
08 森林科学専攻 >
1160810 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/54928

タイトル: 「国勢調査」における産業分類及び職業分類上の林業の変遷と林業労働者総数の推計
その他のタイトル: Changes to Industrial and Occupational Classifications in Forestry and Estimation of the Aggregate Number of Forestry Workers in the National Census
著者: 林, 宇一
永田, 信
著者(別言語): Hayashi, Uichi
Nagata, Shin
キーワード: 林業労働者総数推計
国勢調査
産業分類
職業分類
発行日: 2012年1月
出版者: 林業経済研究所
掲載誌情報: 林業経済, 64(10), 2012.1, pp. 2-17
抄録: 国勢調査の産業分類では、森林組合の多くが「林業」ではなく、「協同組合(他に分類されないもの)」に分類されていると考えられる。そうであれば、「林業」就業者のみを捉えたのでは産業としての林業の雇用力を過小評価することになる。本研究では、国勢調査における産業分類と職業分類において林業がどのように扱われてきたか、定義上の変遷と数値上の変遷を整理することにより明らかにし、併せて産業としての林業を担う就業者総数を推計した。推計にあたっては、「林業」以外に分類される事業所における林業部門の「林業作業者」と非「林業作業者」の構成比が、「林業」における構成比と同一であると仮定し、「林業」以外に分類される事業所における「林業作業者」数を基に、それら事業所における林業部門の就業者数を推計した。結果、林業労働者総数は2005年現在で71,906人と推計され、全就業者数の0.12%に該当する。
URI: http://hdl.handle.net/2261/54928
ISSN: 0388-8614
出現カテゴリ:014 自然科学
1160810 学術雑誌論文

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
hayashi_201201.pdf6.07 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください