UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/553

タイトル: 創造としての授業 : H. G. ガダマーの解釈学から見た斎藤喜博の授業論
その他のタイトル: Teaching and Learning as a Creation : The Investigation of Kihaku Saito's Ideas of Teaching and Learning from the Hermeneutical Viewpoints of H.G. Gadamer
著者: 守屋, 淳
著者(別言語): Moriya, Jun
発行日: 1988年2月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 27巻, 1988.2, p.353-362
抄録: This article is an attempt (1) to investigate Kihaku Saito's ideas of teaching and learning, focusing upon his claim that teaching and learning should be creative, (2) to review H. G. Gadamer's theory of understanding, i. e. his philosophical hermeneutics, and (3) to interpret K. Saito's ideas from the Gadamer's hermeneutical viewpoints. The result suggests that Saito's ideas and Gadamer's theory are rooted on a very similar ground of thoughts.
URI: http://hdl.handle.net/2261/553
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126200.pdf942.9 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください