UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/55317

タイトル: Phylogenetic analysis of MADS-box genes in gymnosperms
その他のタイトル: 裸子植物におけるMADS-box遺伝子群の系統解析
著者: Aizawa, Eishi
Kaneyuki, Tamijiro
Terada, Tamami
Samejima, Masahiro
Kamoda, Shigehiro
著者(別言語): 会沢, 栄志
兼行, 民治郎
寺田, 珠実
鮫島, 正浩
鴨田, 重裕
キーワード: 裸子植物
MADS-box遺伝子
系統解析
ABCモデル
生殖器官進化
発行日: 2013年7月25日
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百二十九号, 2013年7月, pp. 15-24
抄録: 被子植物においては花器官形成に関わるMADS-box遺伝子群が知られている。本研究は裸子植物における雌雄の器官形成の進化を知ることを目的とし,MADS-box遺伝子の部分配列を決定し,系統解析を行った。対象植物は,裸子植物であるイチョウ,グネツム,マオウ,ソテツ,エゾマツ,ドイツトウヒ,イチイ,スギ,メタセコイア,およびシダ植物であるヒメワラビの計10種であった。実験手法は,裸子植物(イチョウ,グネツム,トウヒ,スギ)で既に知られているMADS-box遺伝子の保存領域からデジェネレートプライマーを設計し,10種の葉から抽出したDNAをテンプレートとして計91組のプライマー対でPCRを行った。増幅されたDNA断片はクローニング後選抜し,塩基配列を決定した。その結果,イチョウ,ソテツ,エゾマツの3種において,MADS-box遺伝子の部分配列86~87塩基長がそれぞれ2,3,4種類得られた。このうちイチョウから得た2種類の配列は,既に報告されている配列(GBM21,GBM30)と一致したが,それぞれ新たに延長する配列を決定した。またソテツ,エゾマツからそれぞれ得た2種類のMADS-box配列は,機能の知られる既存のMADS-box遺伝子のホモログであることが推測された。特に今回新たに決定したソテツのMADS-box配列は,花器官の進化を探る上で今後重要な情報になると考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/2261/55317
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh129002.pdf1.28 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください