UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
117 経済学研究科・経済学部 >
經濟學論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/55423

タイトル: 4G周波数オークション・ジャパンにおけるルール設計 : 情報開示インセンティブと複雑性緩和
その他のタイトル: Market Design for 4G Spectrum Auction in Japan: Incentive and Complexity
著者: 松島, 斉
著者(別言語): Matsushima, Hitoshi
発行日: 2012年7月
出版者: 東京大学経済学会
掲載誌情報: 経済学論集. 78(2), 2012.7, pp. 28-45
抄録: 本論文は,日本において最初の周波数オークションの事例となることが期待される「4G周波数オークション・ジャパン」について,「日本型パッケージ・オークション(Japanese Package Auction(JPA))」と称されるオークション・ルールの骨子を提示することによって,周波数オークションを現実に理想的な形で実施できることを説明する.オークション・ルール設計の際に留意するべき様々な観点の中で,特に重要とされる「情報開示インセンティブ」と「意思決定の複雑性回避」が,集中的に検討される.パッケージ・オークションのルールとして知られる「VCGメカニズム」を搭載することによって,正直に価値申告するインセンティブを入札者に提供することができ,効率的配分が達成できる.設計案JPAでは「技術中立性」が保持される.そして,周波数利用免許を複数のアイテムに分類する,クロック式オークションによる価値発見ステージを導入する,などの工夫によって,入札者の意思決定の複雑性が劇的に緩和される.売却される免許の数が多くないことと,免許が比較的均質であることなどから,海外の事例にみられるようなパッケージ・オークションの導入を阻む可能性のある様々な問題点は,4G周波数オークション・ジャパンにはあまり該当しないことが説明される.
内容記述: 論文/Article
URI: http://hdl.handle.net/2261/55423
ISSN: 0022-9768
出現カテゴリ:經濟學論集
經濟學論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
econ0780202.pdf1.61 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください