UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
117 経済学研究科・経済学部 >
經濟學論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/55424

タイトル: 企業の労働生産性分布
その他のタイトル: Distribution of Labor Productivity of the Japanese Firms
著者: 青山, 秀明
家富, 洋
池田, 裕一
相馬, 亘
藤原, 義久
吉川, 洋
著者(別言語): Aoyama, Hideaki
Iyetomi, Hiroshi
Ikeda, Yuichi
Souma, Wataru
Fujiwara, Yoshi
Yoshikawa, Hiroshi
キーワード: labor productivity
distribution
small- and medium-sized firm
発行日: 2012年7月
出版者: 東京大学経済学会
掲載誌情報: 経済学論集. 78(2), 2012.7, pp. 46-58
抄録: 本研究では,企業数が100万規模の大規模データを用いて,企業の労働生産性分布につき実証分析を行う.現実の企業のもつ労働生産性は,新古典派経済学が期待する「点」としての均衡ではなく,大きく広がって分布している.企業が抱える従業員数で大企業と中小企業を区別すると,中小企業が生産性の低い母体グループと少数の企業からなる高い生産性をもつ先導グループに分かれる.中小企業即生産性が低いと考えるのは短絡的である.製造業と非製造業について比較すると,これら2 つの産業セクターには大きな違いが見られる.製造業に比べ,非製造業では「需要不足」が著しい.また製造業については,業種間で高生産性企業の出現確率は大きく変わらず,生産性の向上をもたらす技術革新が,産業のインキュベーターの役割を果たしている中小企業群の中で中立的に起こっていることがわかる.他方,非製造業については,主要業種(建設業,卸業,小売業)において革新的な生産性向上が著しく欠けている.
内容記述: 論文/Article
URI: http://hdl.handle.net/2261/55424
ISSN: 0022-9768
出現カテゴリ:經濟學論集
經濟學論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
econ0780203.pdf2.2 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください