UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
116 農学生命科学研究科・農学部 >
82 演習林 >
演習林報告 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/55699

タイトル: Development of a Method of Forest Road Network Planning Using GIS that Discriminates and Avoids Dip Slopes
その他のタイトル: 流れ盤斜面の判別と回避を組み込んだGIS による森林路網計画手法の開発
著者: Son, JiYoung
Sakurai, Rin
Nitami, Toshio
Sakai, Hideo
著者(別言語): 孫, 芝英
櫻井, 倫
仁多見, 俊夫
酒井, 秀夫
キーワード: 森林路網計画
GIS
流れ盤
受け盤
発行日: 2014年2月25日
出版者: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林
掲載誌情報: 東京大学農学部演習林報告. 第百三十号, 2014年2月, pp. 1-13
抄録: 森林路網計画において,流れ盤の区間は盛土がしにくく,切土は崩落の頻発等により維持管理費がかさむので,流れ盤を事前に判別することは丈夫な路網を配置する上で有用であり,長期的には安定して経済的な路網配置になる。斜面の傾斜と地層のみかけの傾斜(相対傾斜)の組み合わせから流れ盤を判別する理論を用いて,DEM と地質図によりGIS 上で流れ盤を事前に判別することを試み,人工林1ha 以上と傾斜35 度以下の両方を満たす林分を,流れ盤を回避しながらダイクストラ法を用いて最短経路で結ぶ路網配置計画の手法を作成した。DEM と地質図による流れ盤の事前予測の可能性を確かめることができ,今後現地踏査の大幅な省力化と,GIS を用いることにより計画路線の距離と開設費用を見積もることができ,さらには森林の資源状態から開設順序,開設不要区間の決定を行うことが可能となる。
内容記述: Original Article
URI: http://hdl.handle.net/2261/55699
ISSN: 03716007
出現カテゴリ:演習林報告
演習林報告

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
esrh130001.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください