UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/55756

タイトル: 旧石器時代・縄文時代草創期における遺跡分布の変遷 : 遺跡データベースとGIS を利用して
その他のタイトル: The changes of site distribution in the Paleolithic and Incipient Jomon Period in Japanese Archipelago
著者: 髙鹿, 哲大
著者(別言語): Koroku, Akihiro
発行日: 2014年3月29日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第28号, 2014.3, pp. 1-25
抄録: 本稿では遺跡データベースから得られる情報を用い、旧石器時代および縄文時代草創期における遺跡分布の変遷について論じる。日本旧石器学会により作成された日本列島における旧石器時代および縄文草創期の遺跡データベースは膨大な情報を持つ一方で、時間軸が欠如しているなどの理由によりそのままでは活用しにくい。この課題点を解消するためにデータベースに含まれる遺跡に対して時間軸として4つの時期を設定した上でGIS を利用した密度分布図を作成し、遺跡集中地域ごとに時期間の比較を行った。遺跡集中のみられる地域は九州、中国・四国・近畿、中部・関東・東海、北海道であり、多くの地域で遺跡の分布は石器石材の産地と関連があるという結果が得られた。一方で通時的にはそれぞれ変化がみられており、特定の時期にのみ遺跡が集中するような地域も存在し、時期ごとに特徴があるといえる。それらの変化は石材利用戦略や居住形態の違いを反映している可能性があるが、現状のデータベースに含まれる情報の属性ではそれらの点に言及することはできない。
This paper discusses changes of site distribution in the Paleolithic and Incipient Jomon period using the information acquired from the database of sites. While the database of Paleolithic and Incipient Jomon sites in the Japanese archipelago created by Japanese Palaeolithic Research Association has huge information, it is hard to utilize it for the reason of some problems (for example, the time-axis lacking). In order to solve these problems, after setting up four periods as the time-axis to the sites included in the database, the density distribution figure using GIS was created, and comparison during the periods was performed for every sites concentration area. The areas where sites concentration is seen are Kyushu, Chugoku, Shikoku, Kinki, Chubu, Kanto, Tokai, and Hokkaido, and the result that distribution of sites has the relation to lithic raw material sources is obtained in many areas. On the other hand, some areas also exist where sites concentrate only at specific periods. It can be said that site distributions of every period are very characteristic. Although those changes possibly reflect the difference of raw material use strategy or settlement mobility, by the informations included in the present database we cannot mention these points.
URI: http://hdl.handle.net/2261/55756
ISSN: 18803784
出現カテゴリ:東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kouko2801.pdf46.8 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください