UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/55758

タイトル: 東京湾西岸における弥生時代の栽培植物利用 : レプリカ法を用いた調査と研究
その他のタイトル: Utilization of cultivated plants in the west side of Tokyo Bay in the Yayoi period : A survey and research based on the method of replication
著者: 守屋, 亮
著者(別言語): Moriya, Ryo
発行日: 2014年3月29日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第28号, 2014.3, pp. 81-107
抄録: 本論文は、東京湾西岸地域における弥生時代中期から後期を中心として植物利用の実態を明らかにすることを目的とする。研究方法は集落出土土器に付随する植物種実圧痕をレプリカ法よって分析するものである。東京都及び神奈川県の計5遺跡についてレプリカ調査を行い、結果として以下の点が明らかになった。弥生前期ではアワ・キビ等の雑穀が多数を占めているが、中期後葉頃にはイネが過半数を占めるようになる。しかし後期には在地系土器のみを用いた集落では7~8割をイネが占めるようになるのに対し、朝光寺原式土器が主体となる集落ではイネが多数であるものの雑穀類も多く含まれ、明らかに異なる検出状況を示す。また朝光寺原式土器が客体となる集落では、在地系集落と比較すると若干雑穀類の検出が多い傾向があるものの、全体的には在地系集落の検出状況と似た状況を示す。弥生後期において朝光寺原式集団が在地系集団とは異なる生業系統を持ち、異なる2系統が併存していた可能性を指摘することができる。今後は正確な検証のため調査遺跡数を増やし、データを蓄積することを課題としたい。
The purpose of this paper is to investigate the situation of utilization of cultivated plants in the west side of Tokyo Bay in the Yayoi period based on the method of replication of the impression on the pottery surface. I analyzed Yayoi potteries excavated at 5 sites in Tokyo and Kanagawa prefectures by this method. The following was clarified by this research. In the early Yoyoi period, seeds of millet such as foxtail millet (Setaria itarica) and common millet (Panicum miliaceum) account for a large amount of the whole. In the late middle Yayoi period, the percentage of seeds of rice (Oryza sativa) is in the rage of 70 to 80 percent, meanwhile seeds of millet are few. In the late Yayoi period, on the one hand rice are in a large majority in sites that produce only local pottery in the west side of Tokyo Bay, on the other hand there are relatively a lot of millet in sites that produce the Chokojibara type pottery. It is expected that people who used the Chokojibara type pottery had the different method of utilization of cultivated plants from the one that people used only local pottery. In order to expect higher accuracy, increasing data is the problem that needs to be addressed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/55758
ISSN: 18803784
出現カテゴリ:東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kouko2803.pdf16.51 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください