UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/55760

タイトル: 鎖国期日本への中国陶磁の流通
その他のタイトル: The Distribution of Chinaware to Japan in the Edo Period
著者: 弦本, 美菜子
著者(別言語): Tsurumoto, Minako
発行日: 2014年3月29日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第28号, 2014.3, pp. 131-158
抄録: 本稿では、江戸時代、鎖国期における日本国内への海外産陶磁器の流入について考える。長崎が中国陶磁の入り口として主要なものであったことと、長崎に入ってきた幅広い種類の商品から選択された特定のものが江戸まで運ばれたということを指摘したい。日本が中国・オランダとのみ貿易を行ったこの時期に海外から流入した陶磁器はほとんどが中国製品であり、流入の窓口としては長崎が主なものとして考えられる。長崎と大消費地である江戸の遺跡とで出土した中国陶磁を比較すると、共通するものが多くあることが確認される。江戸時代を通じ長崎と江戸は太いパイプでつながっていたことを実例として示すものである。また沖縄を通して入ってきた中国陶磁と比較すると、中国南部の製品を中心とした沖縄ルートでの流入に対し、景徳鎮窯系の製品を多く含むという長崎ルートの特徴が見て取れる。江戸では景徳鎮窯系の磁器が輸入陶磁器の大部分を占めることから、江戸へ運ばれた中国陶磁は主に長崎から入ってきたものであると推定することができる。江戸と共通する中国陶磁は唐人屋敷跡・オランダ商館跡でも確認されるため、貿易の担い手については中国船・オランダ船の両方が考えられる。長崎で出土するが江戸ではほとんど出土していないものがあることもわかった。江戸で出土した中国陶磁は、特に江戸時代後期には生産地や器種に偏りが見られる一方で、長崎では江戸で少ない福建・広東産の粗製の製品や、他の器種も多数確認された。江戸での偏りは陶磁器が長崎に入った後になされた選別によるものだと判断できる。中国陶磁が江戸へ至る間に働いた選択の背景としては、中国陶磁に付与されたブランド性や、中国陶磁とそれを用いた行為との関係があったことが推察される。江戸での需要に応えたもの以外の中国陶磁が長崎で見られることからは、中国陶磁の日本への流通という面から見た長崎と江戸の性格の違いが看取される。
In the Edo period, during 1641-1859, Japan’s diplomacy and trade were restricted. China and the Netherlands were limitedly allowed to trade with Japan in Nagasaki. In Nagasaki and Edo(Tokyo), many trade ceramics are excavated from remains of the Edo period in common. The most of them are Chinese porcelains. The porcelains are thought to be transported from Nagasaki to Edo. That proves a close bond between Nagasaki and Edo throughout the Edo period. Nagasaki seems to have been the main entrance of chinaware. Some researchers maintain that chinaware was also imported to Japan via Ryukyu(Okinawa). Ryukyu Kingdom had relationships with both China and Japan. In Ryukyu remains, the rate of excavated porcelains produced in Dehua(徳化) and Fujian(福建)/ Guandong(広東) is high, while that of Jingdezhen(景徳鎮) is higher in Nagasaki. In Edo and other consumer cities in Japan, most of the trade ceramics were the products of Jingdezhen. So it can be said that the majority of trade ceramics was imported to Japan through Nagasaki in those times. Both the Chinese and the Dutch were possible carriers because porcelains that resemble relics of Edo are seen in each area they lived in Nagasaki. After entered Nagasaki, specific porcelains were selected from various items and transported to Edo. As compared with Nagasaki, only a limited variety of porcelains are seen in Edo. Especially in the latter part of the Edo period, cups made in Jingdezhen account for a very large percentage of trade ceramics in Edo. On the other hand, in Nagasaki, there were many trade ceramics of Fujian/Guandong in addition to Jingdezhen. Other tableware, livingware and containers were also founded. The Chinese concerned to trade and lived in Nagasaki were mostly from Fujian. Chinaware seems to have entered Nagasaki as the series of livingware, attached to their lives. In Edo, people seem to have put values on chinaware as tools for sophisticated cultural behavior, such as tea ceremony. People in Edo probably have needed suitable porcelains, and this may be why more products of Jingdezhen were selected than those of Fujian/Guandong, which were often crude. When chinaware entering Nagasaki, the carriers may not have been so strongly conscious of the demand of people in Edo, for they transported a wide range of items to Nagasaki. Comparing Nagasaki and Edo from the perspective of the distribution of chinaware, this is an important feature.
URI: http://hdl.handle.net/2261/55760
ISSN: 18803784
出現カテゴリ:東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kouko2805.pdf4.77 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください