UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/558

タイトル: 学校保健指導の体系化に関する考察 (2) : 修身科・生徒心得の養生観と「衛生訓練」の成立・展開を中心に
その他のタイトル: A Treatise on the Systematization of School Health Guidance (2) : Focused on the Theory of Regimen in Moral Education Pupil Directions and Formation of "Eisei Kunren (School Health Discipline) "
著者: 瀧澤, 利行
著者(別言語): Takizawa, Toshiyuki
発行日: 1988年2月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 27巻, 1988.2, p.447-456
抄録: In early Meiji Era, directions or guidances of health executed through moral education and pupil directions. The theory of those practise included the theory of "Yojo (Japanese regimen)". In late Meiji Era, the charact alistics of school administration was changing to that of pupil discipline. Simultaneously, school health management also overlapped pupil discipline concerning health. In the process, the concept of "Eisei Kunren (health discipline)" was formed. Eisai Kunren was executed elementary schools in the whole Japan from Taisho era to the end of World War II. In this treatise, the charactalistics of "Eisei Kunren" and logic of theory concerned Eisei Kunren are concidered.
URI: http://hdl.handle.net/2261/558
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126205.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください