UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/559

タイトル: 保健教育における行動変容の意義と可能性
その他のタイトル: The Role of Behavior Modification in School Health Education
著者: 渡辺, 正樹
著者(別言語): Watanabe, Masaki
発行日: 1988年2月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 27巻, 1988.2, p.457-462
抄録: In this paper, the following topics on behavior modification in school health education are described; 1) the concept of "behavior" and "behavior modification", 2) theories of behavior modification, 3) studies on the measurement and evaluation of health behaviors. Finally some suggestions are offered for further studies.
URI: http://hdl.handle.net/2261/559
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126206.pdf677.89 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください