UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/560

タイトル: 試験と評価 : その教育的意義と社会的機能
その他のタイトル: A Symposium on Tests and Evaluations
著者: 堀尾, 輝久
藤田, 英典
渡部, 洋
佐伯, 胖
汐見, 稔幸
著者(別言語): Horio, Teruhisa
Fujita, Hidenori
Watanabe, Hiroshi
Saeki, Yutaka
Shiomi, Toshiyuki
発行日: 1989年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 28巻, 1989.3, p.1-26
抄録: 本稿は, 東京大学教育学部の1988年度総合科目(学部3年生を対象として4月初旬に行われる2単位の集中講義)の一環として行われたシンポジウムの報告と討論のテープを起こしたものに各報告者が若干の加筆修正を加えたものである。
URI: http://hdl.handle.net/2261/560
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126156.pdf2.66 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください