UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
117 経済学研究科・経済学部 >
經濟學論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/56121

タイトル: 災害と住宅問題 : 東日本大震災からの教訓
その他のタイトル: Natural Disaster and Housing Problem : The Case of Higashi-Nihon-Daishinsai
著者: 国友, 直人
著者(別言語): Kunitomo, Naoto
キーワード: 東日本大震災
応急仮設住宅問題
みなし仮設住宅
空き屋問題
災害救助法
大規模リスク評価
統計的極値論
発行日: 2013年4月
出版者: 東京大学経済学会
掲載誌情報: 経済学論集. 79(1), 2013.4, pp. 2-16
抄録: 2011.3.11に発生した東日本大震災では災害の発生後に応急仮設住宅の建設問題がマスメディアなどで大きく取りあげられた.住宅供給サイドからの仮設住宅建設の経緯を振り返るとともに,将来に起きるかもしれない大災害への教訓と大災害に備えた住宅政策のあり方に関する提言をまとめた.また統計的極値論を利用した大規模災害のリスク評価及び大規模な災害への対応上への応用可能性も議論した.
内容記述: 論文/Article
URI: http://hdl.handle.net/2261/56121
ISSN: 0022-9768
出現カテゴリ:經濟學論集
經濟學論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
econ0790102.pdf794.55 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください