UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
26 言語学研究室 >
東京大学言語学論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/56385

タイトル: Usage of Indonesian Possessive Verbal Predicates : A Statistical Analysis Based on Storytelling Survey
その他のタイトル: インドネシア語の所有動詞述語の使用 : ストーリーテリング調査に基づいた統計的分析
著者: Moeljadi, David
著者(別言語): ムルヤディ, ダヴィド
キーワード: Indonesian
high variety
low variety
possession
storytelling
quantitative analysis of variables
Pearson's correlation coefficient
インドネシア語
H変種
L変種
所有
ストージーテリング
変種の定量分析
相関係数
発行日: 2014年9月30日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
掲載誌情報: 東京大学言語学論集. 第35号, 2014.9.30, pp. 155-176
抄録: This paper deals with possessive verbal predicates in Indonesian, both the present high variety which is originally based on Riau Malay, and the present low variety, which is called "Colloquial Jakartan Indonesian" in Sneddon (2006). The eight predicates in Moeljadi (2010) are chosen as the object of discussion: three possessive verb predicates, memiliki, mempunyai, and punya; two existential verb predicates, ada and ada ... =nya; and three predicates with the denominal affixes: ber-, her-...-kan, and -an. This paper tries to answer whether the frequency of occurrence of each possessive verbal predicate differs according to whether it appears in the high or low variety. A storytelling survey was conducted in Malang and Tokyo in 2011, in order to determine the speakers'choice of predicates in both varieties, based on the assumption that the speakers choose different possessive verbal predicates for different varieties. Quantitative analysis of variables and correlation coefficient are employed to investigate the statistical relationship between the low variety's tokens and the predicate tokens. The main result is that memiliki is primarily used in the high variety, while punya is very frequently used in the low variety. |本研究では、インドネシア語(H変種及びL変種)の所有動詞述語構文について、その使い分けを考察する。Moeljadi(2010)では、インドネシア語に8つの所有動詞述語構文(X memiliki Y, X memρunyai Y, X punya Y, X ada Y, X ada Y =nya, X ber-Y, X ber-Y-kan Z, X Y-an)があると述べた。H変種及びL変種、それぞれの変種でよく使用される所有述語があるかを調べるために、筆者は2011年にインドネシアの東ジャワ州のマラン及び東京でストーリーテリング調査を行った。その調査から得られたデータは定量分析及び相関係数で分析した。主な結論として、所有構文X memiliki YはH変種でよく使われており、一方X panya YはL変種でよく使われていることが分かった。
内容記述: 論文 Articles
URI: http://hdl.handle.net/2261/56385
ISSN: 13458663
出現カテゴリ:東京大学言語学論集
東京大学言語学論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ggr035008.pdf1.21 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください