UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/56542

タイトル: <個人論文>日本教職員組合の対立軸を再考する : 第一回教研大会における「研究型」教師と「組合型」教師に着目して
その他のタイトル: <Individual Papers>Re-examining the axis of conflict in the Japan Teachers’ Union : Focusing on the “kennkyuu-gata” kyousi and “kumiai-gata” kyousi in the first Kyouken Taikai
著者: 高木, 加奈絵
著者(別言語): Takagi, Kanae
発行日: 2014年10月
出版者: 東京大学大学院教育学研究科学校開発政策コース
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢. 34号, 2014.10, pp. 55-67
抄録: Although it is often said that Japan Teachers’ Union (JTU) has an axis of conflict around the political partisanship, that’s not the whole story. Morita (2003) refers to the existence of another axis of conflict in the JTU between the “kennkyuu-gata” kyosi [research-minded teacher] and “kumiai-gata” kyosi [unionist teacher]. This article examines the nature of the axis of conflict, to which Morita (2003) just alludes, as it was enacted in the first Kyouken Taikai [Educational Research Conference].
URI: http://hdl.handle.net/2261/56542
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢
東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
eac034004.pdf1.48 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください