UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/56586

タイトル: 『一夜碧巌』第一則訳注
その他のタイトル: 《一夜碧巖》第一則譯註
著者: 土屋, 太祐
発行日: 2015年3月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 第167冊, 2015.3, pp. 105-163
抄録: 本文是《一夜碧巖》第一則的譯註。《碧巖錄》,北宋禪僧圜悟克勤(1063-1135)提唱雪竇重顯(980-1052)《頌古百則》而成。日本石川縣大乘寺所藏《佛果碧巖破関擊節》,俗稱《一夜碧巖》,為《碧巖錄》之古寫本,其文字與流布本《碧巖錄》有較大的不同,對流布本的理解有重要參考價值。其書寫時間等基本情況雖然尚有一些不甚明瞭之處,但從各種文獻記載來看,至少可肯定它屬於與《一夜碧巖》同一系統之寫本,早在張明遠刊行流布本之前,已存在於日本。可以說《一夜碧巖》對《碧巖錄》研究有著不可或缺的重要性。
URI: http://hdl.handle.net/2261/56586
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc167003.pdf1.53 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください