UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/56655

タイトル: 静岡県広野北遺跡における旧石器時代文化層の再検討
その他のタイトル: Re-Examination of Palaeolithic Cultural Layer in Hirono-Kita Site
著者: 富樫, 孝志
著者(別言語): Togashi, Takashi
発行日: 2015年3月29日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第29号, 2015.3, pp. 1-23
抄録: 静岡県広野北遺跡は、磐田原台地上にある古墳時代~旧石器時代の遺跡である。この遺跡では、ナイフ形石器文化期の文化層「ナイフ形石器文化(K2)」と「ナイフ形石器文化(K3)」が層位的に分離されて報告されており、当地における編年の指標になっている。しかし、磐田原台地は層位的条件が良くないため、層位的に文化層を設定することは不可能と言うのが現在の共通認識になっている。そこで、「ナイフ形石器文化(K2)」と「ナイフ形石器文化(K3)」が報告通り分離できるか検討した。報告書では、両文化層は間層をはさんで分離できるうえに、礫群の出土レベルが上下に分かれるため、文化層は明確に分かれると書かれている。しかし、遺物の出土状況を復元したところ、ほとんどのブロック、礫群、配石は、間層を介在せずに様々なレベルで出土していることが判明した。遺物が旧石器時代包含層の様々なレベルで出土することは、磐田原台地では通常のことで、広野北遺跡もその一例に過ぎないと言うのが実態である。したがって、報告書に明記された「ナイフ形石器文化(K2)」と「ナイフ形石器文化(K3)」の分離は白紙に戻し、全面的に再検討する必要がある。その際、層位的に文化層を認定できない当地では、文化層に代わる概念として提唱された「エリア」を設定することが有効である。
Hirono-Kita site is a palaeolithic site located in Iwatabara plateau in Shizuoka prefecture. Cultural layers of "the knife-shaped stone tool culture period" in this site are divided into two layers called "cultural layer K2" and "cultural layer K3" according to the excavation report. As things stand, however, it is a common understanding that it is impossible to recognize cultural layers stratigraphically. Therefore I have investigated whether or not it would be possible to divide cultural layers into "cultural layer K2" and "cultural layer K3". The excavation report says that there are apparently two cultural layers, because there was a intermediate layer between "cultural layer K2" and "cultural layer K3", and heap stones were definitely divided into two levels. Through reconstructing the excavating situations, however, I clarified that most blocks and heap stones were found from various depths. These situations are usual in palaeolithic sites at Iwatabara plateau. In conclusion, dividing cultural layers into "cultural layer K2" and "cultural layer K3" should be taken back, and dividing cultural layers at Hirono-Kita site inevitably requires re-examination.
URI: http://hdl.handle.net/2261/56655
ISSN: 18803784
出現カテゴリ:東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kouko2901.pdf3.69 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください