UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/567

タイトル: 「科学としての教育学」の成立可能性をめぐる問題 : K・マンハイムの<実践的理論>の構想をめぐって
その他のタイトル: Some Thoughts on the Prospects of "Padagogik als Wissenschaft" : With the Suggestions of Karl Mannheim's Conception "Theorie der Praxis"
著者: 児美川, 孝一郎
著者(別言語): Komikawa, Koichiro
発行日: 1989年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 28巻, 1989.3, p.243-251
抄録: In an article entitled "Ist Politik als Wissenschaft moglich?" (1929), Karl Mannheim insisted as follows : It is not until "Politik" orient itself as the forms of knowledge which are qualitatively different from those of modern natural sciences that it can be realized as "Wissenschaft". His argument, though it directly deals with "Politik", gives us fruitful implications on thinking about "Padagogik als Wissenschaft". In this paper, referring to the problems of "Wissenssoziologie", the background context of his argument, I attempted to consider the scientific character of "Padagogik" with the help of his conception "Theorie der Praxis". From his point of view, some signficant perspectives on the controversies over Science of Education can be acquired.
URI: http://hdl.handle.net/2261/567
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126163.pdf982.45 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください