UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
10 言語情報科学専攻 >
言語情報科学 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/56710

タイトル: 絵画の中に描かれた獣 (けだもの) : ジャック・ラカンのまなざし、ルアー、凹面鏡
著者: 中原, 雅人
キーワード: ジャック・ラカン
眼差し
視覚論
ルアー
動物行動学
江戸川乱歩『鏡地獄』
ロジェ・カイヨワ
イデア
対象a
発行日: 2015年3月1日
出版者: 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻
掲載誌情報: 言語情報科学. 13, 2015.3, pp. 139-156
抄録: Although a number of researchers have interpreted what J. Lacan had said about vision, most of their interpretations seem to be insufficient to grasp the essence of the Gaze (regard). This paper explains Lacan’s concept of the Gaze through four steps: First of all, accounting for the function of “Lure” using an ethological study of Nicolas Tinbergen. Second, relating some examples of the Gaze referring to Sartre and Merleau-Ponty in the aspect of self-awareness. Third, distinguishing the Picture (tableau) from Painting (peinture), the Gaze from the eye by relating to the mimicry which is advocated by Roger Caillois. Finally, this paper integrates the arguments above and explains the painting contest of Zeuxis and Parrhasios. Therefore it reveals the meaning of “a triumph of the Gaze over the eye” and the object a. We find a relationship between the Gaze and the Idea designated by Plato.
URI: http://hdl.handle.net/2261/56710
ISSN: 13478931
出現カテゴリ:言語情報科学
言語情報科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lis1309.pdf2.51 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください