UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/56975

タイトル: 日本における宗教系大学の比較分析 : 制度的変数を中心として
その他のタイトル: A Comparison of the Religious Universities in Japan : An Institutional Analysis
著者: 齋藤, 崇德
著者(別言語): Saito, Takanori
発行日: 2014年3月28日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 53巻, 2014.3, pp. 55-66
抄録: The purpose of this paper is to compare the religious universities in Japan from the point of view of the institutional analysis. There are four types of religion that found universities in Japan: Christianity, Buddhism, New Religion, and Shinto. I analyze some institutional variables by these categories of religion to clarify the influence of religion on the institution and organization of universities. First, the organizational aspects are analyzed: the number and the school types, the size, and the age of the religious universities. Second, I discuss the “ religiosity ” of the universities through an analysis of some rules: religious events, school regulations, and bylaws of the educational foundations. Through an analysis of the institutional variables, I suggest that some relationships exist between religions and universities in Japan.
URI: http://hdl.handle.net/2261/56975
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
edu_53_06.pdf739 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください